「AEDが適応可能な症状とは。心電図で見る4種類の心停止。」のアイキャッチ画像
「AEDが適応可能な症状とは。心電図で見る4種類の心停止。」のアイキャッチ画像

AEDが適応可能な症状とは。心電図で見る4種類の心停止。

Share

「AEDは心臓を止める機械」だと聞いたことはありませんか? また、AEDを使っても「電気ショックは不要です。」という音声が流れることを知っていますか?

上記の質問にピンとこなかった方は本記事必見です。
本記事では、AEDがどのような医療機器なのか? AEDが適応できる心停止の状態についてなるべく分かりやすくまとめています。

1. AEDは何をするための医療機器?

AEDとは?

突然の心停止は心臓が「けいれん」し、小刻みに震える「心室細動」によって起きることが多く、けいれんした心臓の動きを元に戻す機械がAEDです。AEDによる電気ショックのことを「除細動」といいます。

また、けいれんした状態を「細動」といいます。心室細動は心臓が全身に血液を送ることができない大変危険な状態です。AEDはこの細動を取り除く医療機器ため、日本語名称で「自動体外式除細動器」と呼びます。

  • 「自動」=(人の代わりに)自動で判断して
  • 「体外式」=体の外側から
  • 「除細動器」=心臓のけいれん(細動)を取り除く機械

電気ショックによって、けいれんしている心臓を一時的に止めるため、AEDを「心臓を止める機械」と呼ぶ人もいます。

電気ショックが必要か不要かの判断はAEDが行います。電極パッドを身体に貼るとAEDが心電図の波形を調べ、解析し電気ショックが必要な状態かどうかを判断します。

心臓がけいれんしている場合には、「電気ショックが必要です」と除細動の必要性を音声ガイダンスで促します。心臓が正常な状態や、完全に動きが止まっている場合は適応外と判断し、「電気ショックは不要です」と音声ガイダンスで案内します。

「自動」体外式除細動器でも全自動ではありません。

自動という言葉が誤解を招くのですが、電源を入れ、電極パッドを貼ったら、電気ショック自体が自動で行われるイメージを持っている方がいますが、電気ショックを放つボタンを押すのはAEDを扱う「人」です。

電気ショックが必要ではない場合は、ボタンを押しても何も起きません。電気ショックが必要な場合は押すボタンが点滅したり、周囲の人が触らないように「離れてください。」と、ガイダンスがAEDから流れます。

2. AEDによる電気ショックが適応となる症状とは?

電気ショックが必要な症状は、心室細動と心室頻拍の2つです。どちらも呼吸困難に陥り、突然意識を失う危険性があります。それぞれ症状と心電図について解説します。

2-1. 心室細動(VF)

ひとつは「心室細動」と呼ばれる状態です。心室細動(Ventricular Fibrillation)、通称「VF」と呼びます。

心臓の筋肉がけいれんをおこす不整脈です。正常な心臓は全身に血液を送るために、心臓が膨らみ、そして収縮し、血液を吸い込み、吐き出すというポンプ機能が働いていて、リズムを刻んでいます。

しかし、心室細動の場合は、心臓の筋肉が無秩序なリズムになってしまい、しっかりと収縮できないためにポンプ機能を失った状態になります。

図1. 正常な心電図

正常な心電図

図2. 心室細動(VF)の心電図

心室細動(VF)

心電図で見ると、正常な心電図と比較すると、心室細動の心電図は規則性がなく、ただ波を打っています。これが心室細動の特徴です。

2-2.心室頻拍(VT)

電気ショックが適応となるもうひとつの症状が心室頻拍です。正確には、無脈性心室頻拍(pulseless ventricular tachycardia:無脈性VT)、通称VTです。

心臓には、ポンプの機能があると前述しましたが、心臓の中でも体の中を巡ってきた血液を受け取る「心房」と、血液を送り出す「心室」があります。

心室頻拍の状態になると血液を送りだす役目の心室が興奮状態となり、ほとんど血液を送り出さなくなり、脈が触れなくなります。これが無脈性心室頻拍です。

図3. 正常な心電図

正常な心電図

図4. 心室頻拍(VT)の心電図

心室頻拍(VT)

正常な心電図に比べて、心室頻拍の心電図は、短い間隔になっているのが分かると思います。

3. 電気ショックできない心停止とは?

電気ショックは不要です。

心停止は、心肺停止や心肺機能停止とも呼ばれます。心停止というと、ドラマのワンシーンで見るような「ピーッ」と心電図が横線一本になり、心臓が完全に止まっているイメージがが強いかと思います。

しかし、心停止とは、「心臓の機能が停止した状態」を指します。心室細動や心室頻拍の心電図も心停止の一種です。

心停止には、さまざまなパターンがあり全部で4つあります。下記にその種類と電気ショックの要否を記載します。

心停止の種類と電気ショックの要否のまとめ

心室細動(VF)電気ショックが必要
心室頻拍(無脈性VT)電気ショックが必要
心静止電気ショック不要。すぐに心肺蘇生。
無脈性電気活動(PEA)電気ショック不要。すぐに心肺蘇生。

心室細動と心室頻拍については、前項で触れましたので「心静止」と「無脈性電気活動(PEA)」について説明します。

3-1. 心静止

心静止は心臓が活動をしていない状態です。AEDは心臓のけいれんを取り除く機械ですので、この場合AEDを使っても「電気ショックは不要です。」と流れます。ただちに胸骨圧迫や人工呼吸に移ってください。

電気ショックが不要な場合でもあっても、心停止しています。安心せずに意識や正常な呼吸に戻るまでは心肺蘇生を続けましょう。AEDからもその後の手順についてはガイダンスで案内がされます。

図5. 心静止の心電図

心静止の心電図

心静止の心電図は波形の動きがなく、一直線に見えるのが特徴です。

3-2. 無脈性電気活動(PEA)

「無脈性電気活動(PEA)」は、心電図波形では正常な波形のように見えるものの、脈拍が触れない状態のことです。

専門的な説明が多く、難しくなるため、ここでは詳しい説明を省きます。医療従事者ではない一般の方は、そういった心停止の状態があるということを覚えておいてもらえれば大丈夫です。

この場合も、心静止と同様にAEDからは「電気ショックが不要です。」と音声ガイダンスが流れます。

「除細動が必要ない」=「心臓が正常な状態」ということではない

電気ショックによる除細動が不要な場合でも、意識がなければ心停止です。心肺蘇生の一次救命を続けましょう。
一次救命については、【解説】一次救命処置の手順。心肺蘇生法ガイドライン2015版 の記事で詳細を解説していますので、一次救命の流れについてはこちらを参考にしてください。

4. 見た目でAEDが必要な心室細動、心室頻拍って分かるの?

見た目で心室細動や心室頻拍が分かるのか

ここまで症状について解説をしてきましたが、倒れた人を見ただけで、心室細動や心室頻拍であるかを判断するのは非常に困難です。

道端では、心電図を見ることはできません。そういった際、心電図を判断するのがAEDです。

心停止にもさまざまな種類がありますが、いずれも心臓の正常なポンプ機能はしていません。ひとくくりに心停止が疑われる場合は、「AEDを使用する」が答えです。

倒れている人に声がけしている画

「反応がなく」、「呼吸がない場合」は心停止と判断してください。また、呼吸があるように見えても、しゃくりあげるような死戦期呼吸と呼ばれる状態は心停止です。

判断に迷ったら?

倒れた人を見た時点で、「心停止かも?」と疑いながら声を掛けます。反応がなく、「通常の呼吸をしていないかも?」と判断できなかったり、迷ったら、胸骨圧迫を実施し、AEDを使用しましょう。

心肺停止時は、1分間に約7%-10%助かる可能性が下がるを示すグラフ

心肺停止時は、1分間に約7%-10%助かる可能性が下がるといわれていますので、発見してからの時間が勝負です。判断に迷ったら、すみやかにAEDと心肺蘇生を実施しましょう。

心肺蘇生の中でも、とくに心臓マッサージ(胸骨圧迫)の実施と継続が大切です。胸を押すことで血液運搬に必要なポンプ機能の代わりになります。

AEDは除細動の適応が必要な心電図を確認できれば、電気ショックの準備に入ります。適応外の場合にも「電気ショックは不要です。」とガイダンス案内をし、次の指示を出します。

除細動(電気ショック)が不必要な場合でも、意識が無い場合は胸骨圧迫と人工呼吸を続けましょう。

5. どんな病気で心室細動や心室頻拍になるの?

胸が苦しい人

では、どんなときに心室細動や心室頻拍になるのでしょうか?

心筋症や、急性心筋梗塞、QT延長症候群、ブルガダ症候群などの病気や、電解質異常と呼ばれる体の中にある電解質(カリウムやナトリウム、カルシウムなどのミネラル)が異常な濃度になる状態などです。

この他にも、薬物中毒や、心臓震盪(胸にボールが当たるなどの衝撃で起きる脳震盪の心臓版)などが原因で起きる可能性が高いといわれています。

まとめ

AEDによる電気ショックが適応される症状や、心停止の種類について、まとめてました。

本記事で伝えたいことは、AEDと心停止の種類を予備知識として持っていただきたいということです。実際の心停止がおきた現場では、AEDが除細動の判断をしますので、電源を入れてとにかく迅速に使いましょう。また、倒れた人の心臓の機能の代わりを果たすためにも、胸を押して胸骨圧迫を行うことも大切です。

現場に居合わせた人のことを「バイスタンダー」と呼びます。バイスタンダーの役割については、「バイスタンダーとは。救命における役割と制度や法的責任のまとめ」にまとめていますので、あわせて読んでみてください。

参考文献

  • 改訂5版 救急蘇生法の指針2015 市民用解説編
  • JRC蘇生ガイドライン2015オンライン版及び完全版第1版
  • AHA心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドライン2005日本語版
  • 心電図データ:Defibrliiator-Simulator CU-SM1

この記事を書いた人

清水 岳

清水 岳

株式会社クオリティー AED事業部 部長 : AEDコム・AEDガイド責任者、AED+心肺蘇生法指導者、高度管理医療機器販売・貸与管理者、防災士、上級救命講習修了。 専門店AEDコムを運営し、日本全国に年間2,000台を販売、導入企業数は10,000社を突破。心肺蘇生ガイドライン、AEDの機器に精通している。

「AEDの使い方の手順」ポスター無料ダウンロードフォーム

CTAの画像

AEDの使い方の手順ポスターを無料で配布しています。
もしもに備え、AEDの設置場所を周知したり、一次救命処置の流れのご確認であったり、AEDの使用方法の確認など、様々な用途にご活用いただけます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share