「2020年反響のあった記事のまとめ。1位は流行語にまつわるあの記事。」のアイキャッチ画像
「2020年反響のあった記事のまとめ。1位は流行語にまつわるあの記事。」のアイキャッチ画像

2020年反響のあった記事のまとめ。1位は流行語にまつわるあの記事。

Share

『3密』が流行語大賞になるほど新型コロナウィルスに振り回された2020年。AEDガイドで公開した記事の中から、とくに反響のあった記事をランキング形式でまとめています。

多くの「いいね!」をもらった記事から、心のケア、救命講習、購入方法など色々な記事を掲載しました。

今回はTOP3に加えて、SNSで話題になった記事をまとめてみました。今年を振り返りながら見返してみてはいかがでしょうか。(集計期間2020年1月1日から12月21日)

第3位:AEDを使うときは「誰も手伝ってくれない」と思うべき。自衛隊メンタル教官が教える心構え。

AEDを使うときは「誰も手伝ってくれない」と思うべき。自衛隊メンタル教官が教える心構え。のサムネイル画像

記事はこちらから。

AEDの記事は、使い方や講習などに関するHOW TO記事が多いですが、そのほとんどが救命の流れや技術的な話です。この記事は、AEDを使う救助者側のメンタルや心がまえについての記事を書くために、メンタルケアについて詳しい先生にインタビューした記事です。

先生の言葉をちょっとだけピックアップしました。気になったら、ぜひ読んでほしい記事です。

  • 救助者は、葛藤を乗り越えて傷病者に近づかないといけない。
  • 普通の記憶とは別として残り、トラウマになる場合があります。
  • 無力感と責任感
  • 事後ケアは、立ち会った〇〇や〇〇の方から

読者の声

第2位:【解説】新型コロナウイルス流行中の一次救命手順

【解説】新型コロナウイルス流行中の一次救命手順の記事のサムネイル画像

記事はこちらから。

コロナ禍になり、厚生労働省から新しく心肺蘇生法の指針が発表されました。(厚生労働省ホームページ:重要なお知らせ新型コロナウイルス感染症の流行を受け、指針の追補を作成しました。(令和2年5月21日)

コロナ禍における心肺蘇生法の考え方から、一次救命の手順をまとめた記事です。

読者の声

第1位:新型コロナウイルス流行中の心肺蘇生法で注意すべきことは?

新型コロナウイルス流行中の心肺蘇生法で注意すべきことは?の記事のサムネイル画像

記事はこちらから。

1位もやっぱりコロナ関係です。いいね数2,400越え、PV数14,000以上になった記事。コロナが流行したのを受けて、一次救命処置のリスクやその対策をまとめています。少しマニアックな内容なのでAEDガイドの解説を入れてあります。

読者の声

おまけ1:ヘルプマークを知っていますか?見かけたらどうすれば?入手方法は?

ヘルプマークを知っていますか?見かけたらどうすれば?入手方法は?の記事のサムネイル画像

記事はこちらから。

ランク外ですが、AEDのマークに似た「ヘルプマーク」を取り上げました。見たことあるけどいまいち何か分かっていない方多いのではないでしょうか。

こんな時期なので、少しのやさしさを覚えてみては。

おまけ2:【徹底比較】AEDガチャと本物を比べてみました。【ガシャポンミニチュアAED】

【徹底比較】AEDガチャと本物を比べてみました。【ガシャポンミニチュアAED】の記事のサムネイル画像

記事はこちらから。

AED業界でバズったAEDガシャポンの記事です。「本物のAEDとガチャを比べられるのはうちしかいない!」と気合を入れて書いた記事です。まだ手に入れていない方、再販されますので探してみては?

読者の声

メルマガ登録はこちらから

メルマガ登録はこちらから

AEDガイドは、AEDや救命に関する知識をお届けしています。

メールアドレスのみでご登録いただけ、解除もワンクリックで可能です。まずは、お試しでも問題ございませんので、下からお気軽にご登録くださいませ。

この記事を書いた人

清水 岳

清水 岳

株式会社クオリティー AED事業部 部長 : AEDコム・AEDガイド責任者、AED+心肺蘇生法指導者、高度管理医療機器販売・貸与管理者、防災士、上級救命講習修了。 専門店AEDコムを運営し、日本全国に年間2,000台を販売、導入企業数は10,000社を突破。心肺蘇生ガイドライン、AEDの機器に精通している。

「AEDの使い方の手順」ポスター無料ダウンロードフォーム

CTAの画像

AEDの使い方の手順ポスターを無料で配布しています。
もしもに備え、AEDの設置場所を周知したり、一次救命処置の流れのご確認であったり、AEDの使用方法の確認など、様々な用途にご活用いただけます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share